鍵をなくさないキーホルダーについて。そもそもどんな道具なの?

近年、防犯意識の高まりから、私はいろいろなことをしっかりと覚え始めました。

「家、会社、ロッカー、自動車、自転車、安全、トランク」などの複数のキーを日常的に運ぶ人はほとんどいません。

しかし、私はこれらのキーをバッグやポケットに入れたり、どこに行ったのか見つけたりしないようにしたいと思っています。

私はあなたが毎日持ち歩く重要なキーをコンパクトに持ちこたえることができれば、あなたの毎日のストレスだけを減らすことによって、生活の質を向上させると思います。

そこで、今回はキーの特性や種類を分かりやすく説明したキーを持っているときに「キーケース」を使うのに便利な方法を紹介します。

「私の日から鍵を失う」、「複数の鍵を持っている」と言う人は、それを参照してください。

「キーケース」とは何ですか?

私たちが使用しているキーケースは、キーを保持するキーケースです。

その役割は、「キーを1つずつ運ぶ」ことです。

キーホルダーとの違い

キーケースの使い方を紹介する前に、「キーケース」と「キーホルダー」の違いを見てみましょう。

キーホルダーは、キーを使用して、円形、三角形、長方形などの形の金属リングに使用します。

主な役割は、「キーを1つずつ運ぶ」という「キーケース」と同じです。

キーケースとキーホルダの違いは、「キーを格納する」と「キーを格納しない」という構造にあります。

キーがキーホルダーにキーでまとめられても、キーは公開されますが、キーケースの場合、キーを保存するメカニズムであるため、キーはケースに一緒に格納され、キーが公開されます
あなたがケースを開くことができない限り

いいえありません。

その結果、見た目も見やすくなり、スマートにキーを出し入れすることができます。

また、キーホルダーは「付属品」としての役割を担っています。

この場合、特にキーをまとめるためのものではなく、ファスナーのプルハンド部分またはバッグの手持ち部分に取り付けられるアイテムとして単に使用し、装飾を楽しむ。

キーホルダーに使用できる素材やデザインのバリエーションが豊富な現代では、キーホルダーが現代に果たす役割は、「装飾をアクセサリーとして楽しむ」という点でより強くなる可能性があります。

また、一般的な英語で「キーホルダー」と呼ばれるものを日本で表現すると、「キーホルダー」や「キーチェーン」という表現がよく使われるようです。

さらにアクセサリーとしての装飾を楽しむために、多くの場合、「キーフォブ(キーフォブフォブ、または単にフォブ)」であることが多いようです。

キーケースを使用するメリット

キーケースの使い方を知る前に、メリットを見てみましょう。

・ケース全体に鍵を収納する機構なので、鍵を守ることができ、傷つきにくい

・キー全体をケース内に収納する機構なので、キー同士が当たる音を低減することができます

・キー全体がケースによって保護されているため、キーがバッグ内の物に触れる心配はなく、スクラッチされます

・財布や袋と同じ素材で作られたキーケースもたくさんあるので、あなたの持ち物に統一感のあるスタイリッシュなファッションアイテムとして使うことができます。

・通常は鞄を持っていない人でも、鍵がキーケースに置かれていると衣服ポケットなどに保管しやすく、布を出し入れするのが簡単です。

・通常、バッグを持たない人でも、カードを収納できるキーケースを使用することで、免許証やクレジットカードなど、他人と持ち運びたいカードを便利に運ぶことができます。

キーケースを大まかに4つのタイプに使用する方法を見てみましょう。

1:リングタイプ

リングタイプのキーケースの使用方法は、付属のリング部分の内側にキーホールを使用してください。

フックタイプと比較すると、キーの数に制限がないため、複数のキーを持つメリットがあります。

2:フックタイプ

フックタイプのキーケースの使用方法は、キーケースの内側に複数のフックがありますので、フック部を指で押さえてキー穴から使用してください。

「家庭、自動車、自転車、会社、ロッカー、金庫」など、複数のキーを簡単に見るために保管したい人には、同じ数のキーをフックとして取り付けることが可能です。

3:チェーンタイプ

チェーンタイプのキーケースの使用方法は、キーケースの内側に短いチェーンが付いたタイプですので、チェーンの先端にあるリングのキーホールを通して使用してください。

リングに付いているキーをキーケースに入れるときは、ジッパーを閉じて保管してください。

厚みやサイズに対応できる仕様が多いので、リモコン式車のキーを携帯するのが最善です。

4:スクリュータイプ

ネジ式キーケースを使用するには、まずキーケースに取り付けられたネジを回してネジを外します。

次に、棒状部品を通ってキーの穴にネジを回し、しっかりと閉じて使用します。

キーをつなぐ部分はフック式のキーケースよりしっかり固定されているので、持ち去りの心配がほとんどないので持ち運び時の安心感があります。

私はまた、ファスナーもないので手にフィットすることはよく知られていると思います。

キーケースの持ち方

キーケースのデザインは豊富で、財布やバッグと同じ素材で作られており、高いデザインのファッショナブルなアイテムが多数見られます。

あなたはそのキーケースをどのように持ちますか?

キーケースを使用することに加えて、どのような方法が持ち運びできるかを見てみましょう。

バッグの内側のポケットに入れて

一定のサイズのハンドバッグは、通常、内側のポケットが付いています。

一般的に、キーケースを持っている人は多いようです。

バッグの外側ポケットに入れて

ファスナーをバッグの外側のポケットにつけておくと、キーケースを安心して置くことができ、鍵を取っても取り出しやすいというメリットがあります。

バッグのハンドルのベースに取り付けます

ファッショナブルなデザインのキーケースや、バッグと同じ素材で作られたキーケースがあれば、アクセサリーなどの要素で持ち運ぶことができます。

パンツ付きハング

また、キーケースをズボンベルトに掛けて持ち運ぶこともできます。

この場合、キーケースのデザインがユニークであれば、ファッションの一部としてコーディネートするとファッショナブルなアクセントになります。

リールが取り付けられたバックパックに取り付けます

子供に鍵を与えるために、リール付きのキーケースを学校用バッグなどのフックに取り付けると、それを開くときと閉じるときに学校のバッグからキーを発行する必要がないので便利です
ドア、それは失うことが困難になるので。

まとめ

これまでのところ、タイプ別にキーケースの使い方を紹介しましたが、どうでしたか?

毎日複数のキーを持ち歩く人にとって、キーケースは非常に便利なアイテムです。

キーリングを使ってこのマシンのキーケースに変更したのはなぜですか?

頻繁に鍵を失う友人や家族に明るい色のキーケースを提示することも喜ばしいことです。

一方、キーケースを使用していても、誤ってキーを紛失してキーが壊れてしまうことが考えられます。

私はそのような時には急いでおらず、鍵を開いて交換/修理できる業者に推計することを勧めます。

関連記事

ページの先頭へ