スペアキー作成の費用と時間はどれくらい?いくら?

彼らの生活の中で必要とされるキー(マスターキー)を失いたくないので、通常はキーをスペアする人はあまりありません。

さらに家族を過ごすときには、もう一つ余分な鍵が必要です。

作成にはどれくらいの時間とコストがかかりますか?

そして、私はいつもどんな場所をしなければなりませんか?

私はキーが壊れているスペアキーを聞くことができます。

私はそのような余分なキーの這い上がりに関係する質問を解決します。

作成する必要があることが分かっている場合は、事前に準備することができます。

スペアキーの準備費用と時間

スペアキーを作成する場合、作成時間とコストは物によって大きく異なります。

キーの種類によって精度が異なるため、再生するためには時間とスキルが絶対に必要です。

いくつかのメーカーは特別な技術でそれを作るので、製造業者だけが作ることができるキーがあるので注意が必要です。

各タイプのキーの時間と費用の価格を見てみましょう。

ディスクシリンダーロック

キーの両端がギザギザになっていて、よく見える共通のキーです。

シンプルなキータイプなので、短時間ですばやく作成できます。

壊れても作ることができるキーなので、キーが曲がったときにも要求することができます。

所要時間:3-5分

価格:300〜600円

ピンタンブラーロック

1つのキーはギザギザです。

これはよく見えるキーの種類にも共通しています。

ここで壊れても、それを作成することができますので、曲がったときに聞くことができます。

ディスクシリンダーよりも幾分精密であるため、価格が上昇する可能性があります。

所要時間:3-5分

価格:300〜1,000円

ディンプルシリンダー錠

キーパターンが丸みを帯びた凹凸の多いキーです。

キーの内部構造は、ディスクシリンダーロックおよびピンタンブラーロックよりもかなり複雑で作成が困難である非常に安全なキーである。

そのため、ディンプルシリンダーロックの複製を作ることができる業者はほとんどなく、製造業者によっては業者によってキーカードを生産することができないものもあります。

その場合、注文するために事前にお問合せをすることが重要です。

所要時間:20〜60分(受注の場合は2週間)ディスクシリンダーロックのように見えても、内部にマグネットを内蔵した「マグネットタンブラーシリンダーロック」や「ロータリーディスクタンブラータブレット」精密ディスクシリンダーロックには精密で特殊な技術が必要なので高価です

可能性があります。

それらの2つについては、メーカーからの注文が多く、1つにつき約3,000〜6,000円かかりますので、約2週間の注文時期を見てみましょう。

スペアキー作成時の注意点

スペアキーを作成する場合は、上記の価格を超える場合があります。

製造方法や製造業者によって構造の精度が大きく変わるからです。

スペアキーを作ることができる業者や、ディンプルシリンダーロックや精密度を必要とするロータリーディスクタンブラー錠剤など、スペアキーを作ることができない製造業者がいます。

技術が追いつかなければ、鍵自体を壊す可能性があります。

業者を選ぶ方法に注目しましょう。

ディンプルシリンダーロックとロータリーディスクタンブラーロックは専用の機械を必要とするため、機械が設置されているかどうかに関係なく、店舗を選ぶ上で重要な要素の1つです。

それが正確な鍵であれば、尋ねるときに鍵の種類を知らせればスムーズに対応します。

車の創造を補うためのコストと時間

私は居住用鍵のスペアキーを用意することの価格を理解していますが、車用のスペアキーを作るのにどれくらいの費用がかかりますか?

従来の特殊機能がない場合は、約300〜600円でキーを作ることができます。

キーレス機能付きイモビライザーキーなどであれば、キー機能だけでなく電子機能も必要となりますので、IDコード登録料など様々な費用がかかります。

約1万円で安く、高ければ約5万円かかりますので、絶対に破壊しないように慎重に扱いたいと思います。

車のスペアキーはどこで要求しますか?

車のスペアキーがキー以外の従来のキーである場合は、ホームセンターや車の店でスペアキーを作成することができます。

しかし、あなたが電子機能の鍵となるならば、他の選択肢がありません。

自動車ディーラーに生産を依頼するとすぐには受け取ることができません。部品の調達などを登録するには3週間から1週間かかります。

最初からそうするように頼みましょう。

しかし、いくつかのロッカーはイモビライザーキーなどを扱うことができるかもしれませんので、急いでいる場合は確かにそれらを尋ねることは良い考えです。

まとめ

新しいキーが必要な理由はさまざまです。

マスターキーを失いたくない、家族の数を増やしたり、子供に鍵を与えたりするなど、さまざまな理由があります。

新しいスペアキーを作成するときは、キーを見るだけですぐに作成できるキーなのかどうかわからないことがあるので、早めに作成することをお勧めします。

キースペアキーを最初に作ることができるかどうかを業者に最初に尋ねることも重要です。

関連記事

ページの先頭へ